読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休みが近づいて、大型書店では夏の文庫フェアがはじまっている。
あー、今年も夏が来るな、と感じる瞬間のひとつ。

角川、新潮、集英社など大手出版社が様々なキャンペーンを打ち出すなかひときわ目を惹いた

f:id:yutaokc:20160629020652j:image

集英社中条あやみ表紙シリーズ

f:id:yutaokc:20160629020734j:image
f:id:yutaokc:20160629020744j:image

読んだことはなくてもだれもが一度はタイトルを目にしたことがあるクラスの名作ばかり

f:id:yutaokc:20160629020958j:image
どう考えても合格だろ




中条あやみの強烈な磁力から命からがら逃れ、いい加減読まなければな と思っていた西加奈子と誰かに貸したまま(あげた?)の銀河鉄道の夜を買って店を出る。





中3の夏休み、夏に飲むには完璧すぎるジャケの炭酸少年(ただのサイダー)を飲みながら銀河鉄道の夜を読んでいた記憶だけ、なぜかはっきり覚えている。
f:id:yutaokc:20160629021842j:image
夕方、西日、蒸し暑さ、学習机、いちばん鮮明に思い出せるし、思い出す頻度も多い。

そういう記憶が、だれにでもあると思う。