はたして正常

 

 

他人の行動に対してなにを以って正常、異常と判断するか

 

 

 

 

 

 

これは非常にデリケートな問題で、場合によっては職業差別ともとられかねない話題なのですが、そんなつもりは毛頭ないということだけはじめに断っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSで繋がっているAさん(仮名)という人がいまして、現実世界での繋がりはほとんど無いのですが、その方は普段恋人との写真を載せたり、飲み会、食べ物、参加したイベントなどの写真を載せているごく一般的な方。

とくになんの交流もなく、たまにタイムラインに現れる人、という印象だったのですが、

つい数週間前から

 

 

「最近副業をはじめました」

「まさか自分がビジネスに手を出すなんて思ってもいなかった」

「新しい人脈が増えて、友達と友達が繋がっていくのが嬉しい」

 

 

あげくの果てには一万円札の束の写真を載せ始めました。

 

勘の鋭い方でなくてもお気付きでしょうが、おそらくネットワークビジネスマルチ商法ねずみ講と呼ばれているものです。(調べてみたらあり得ないくらい利率の高い投資系のもの)

 

当事者からすれば真剣に取り組んでいる仕事なのであまり悪く言えないのですが、

純粋さを全く失い、何事もまずは斜に構えて物を見るタイプの僕からしたら正直、

これは正直な話

 

「気味が悪い」

 

というのが素直な感想でした。

 

仕事の内容や、システム、利幅、先輩後輩の独特な呼称、それらを差っ引いてもただ皮膚感覚で得体の知れない薄気味悪さを感じてしまいました。

(オイ!それは職業差別だ!という方、最後まで読んでください。)

 

 

ただ、Aさん(仮名)は以前に比べてやる気に満ち溢れて、活き活きとし始めた印象を受けました。

いままでの年齢相応のごく一般的なSNSの投稿内容からは想像がつかないほどのエネルギーを感じました。

それはなにかに熱中できる事を持っている人だけが放つ事のできるエネルギーのような気がします。

 

 

果たして、Aさん(仮名)が異常で、僕が正常なのか

 

 

ギターアンプ電源ケーブル(コンセント)を2万円で買う事の方が異常だという人もいるでしょうし、

良い音でジャズを聴くために往復10時間の道のりを運転して一本1200円の缶ビールを注文し、帰り道に感動して泣いてる男のほうが不気味だと思う人もいるでしょう。

ただひとつ言えることは、なにかに情熱を注いでいる当人は例外なく幸福だ、ということです。

それがビジネスであれ宗教であれ音楽であれ。

 

 

 

そもそも正常な人など存在するのか

 

それは誰が何を以って判断するのか

 

そんな事を深く考えさせられました。

 

10年越し

10年前にTSUTAYAの巧みなコピーに誘惑されて購入したhydeout productionsの2nd collectionsというオムニバスCD。

 

f:id:yutaokc:20170426190620j:image

 

女性のボーカルの曲ですごく気に入ってる曲があって、ずっと誰の曲かも調べずにいたんだけど

 さっきYouTubeをサーフィンしてたら発見してしまいました🏄

 

f:id:yutaokc:20170426191139j:image

 

クラムボンのFolkloreという曲でした。(オムニバスのはアレンジが違う。)

 

なぜ今までクラムボンを聴いてこなかったのかという自戒の念でいっぱいです。

 

今日はそんな感じ。

 

 

二千年前それは生まれ、二年後にこの世は滅びた

タイトルは坂本慎太郎”スーパーカルト誕生”の歌い出しです。

 

この”スーパーカルト誕生”が収録されてる「ナマで踊ろう」というアルバム、初めて聴いた時に坂本慎太郎のソロアルバムだっつってんのに一曲目からぜんぜん知らない女の人が丸々一曲歌っててビックリした記憶がありますね。

そのビックリを引きずったまま二曲目に”スーパーカルト誕生”というスーパー薄気味悪い曲が始まるのでもう一瞬で心掴まれてしまいました。

 

f:id:yutaokc:20170410222950j:image

坂本慎太郎 ”ナマで踊ろう”

 

最近だとVulfpeckというバンドの「The Beautiful Game」というアルバム、ジャーマンポップ風のミニマルファンクという前情報だけ携えて聴いたんだけど一曲目がクラリネットソロでこれまたブッ飛びました。

f:id:yutaokc:20170410223030j:image

Vulfpeck ”The Beautiful Game”

 

一曲目が終わって「うわぁ、マジか」ってなるアルバムはどハマる傾向にあります。

 

裏切られるの好きなのかも。

流動体についてをひたすら褒める

f:id:yutaokc:20170318000307j:image

 

こんな素晴らしい作品を1200円で提供してくれてありがとう小沢さん、って感じです。

 

たぶんもう楽勝で100周は聴いたんだけど

(気に入った曲を1時間程度のドライブ中ひたすら1曲だけリピートする、ってのをしばしばやる。)

ローキックのようにジワジワと感動が積み重なっていく感覚です。ある一発をきっかけに崩れ落ちるように泣くかも。

歌詞の内容についてはいろんな人が考察を書いてます。歌詞なんて聴いて感じたままでいいと思いますが、この歌詞は考察したくなるのも頷けるくらい良いです。今現在邦楽でいちばん好きな歌詞。

(小沢さんは東大文科Ⅲ類。小沢さんの父親は日本人だけどドイツ文学者。サラブレッド。)

 

”神の手の中にあるのなら、その時々に出来ることは、宇宙の中で良いことを決意するくらい”

 

これが大まかなテーマの部分だと思うんだけど、とにかくオザケンは人生を肯定する。僕には到底出来ません。。。

 

サウンドもトリッキーなのに耳馴染みが良くて、生演奏のストリングスも素晴らしいです。

カラオケverも入っているんだけどアレンジの凄さが際立って聴こえます。参考にできるところがたくさんあった。

それと、尖った印象の音がひとつもなかった。

とにかく録音されている全ての音に角がないというか、丸い。

わりと忙(せわ)しない曲でいろんなこと詰め込んであるのに、飽きないし穏やかな気分になれますね。

 

 

 

 

 

この1曲の話だけで一晩飲めるわ。では。

炸裂する蜃気楼

さぼりすぎにも、程がある。

 

 

2017年も4分の1が過ぎようとしています。

小沢健二のシングルを買って、村上春樹の新刊を読んで、LA LA LANDを観て、2017年らしさを満喫してます。

 昨年はイエローモンキー、宇多田ヒカル、ハイスタ等凄まじいリリースイヤーだったので(RAPTORも含む、2016年という年に作品を出せて嬉しい。)

2017年はどんな年になるんだろうという矢先の小沢健二のリリース。これは正直アガった。

洋楽だとFuture、SAMPHA、Dirty Projectors、Templesあたりが凄まじいのドロップしてますね。

ビートルズがいた時代を羨む時もありますが、現代もなかなかすごい時代だと思っております。そしてその渦中にささやかながらバンドをやれてるのを幸せに思っております。

明確に言葉では説明できないけど、日本の音楽シーンはこれからすごく良くなるんじゃないかって最近ぼんやり考えてます。

みんながんばれー!!!(おれもがんばる)

 

 

最後に、オザケンが朝の生放送で新曲披露した後の「本来ならチャートインするような楽曲ではないと言いましたが、そういう風に聴いてくれる方が多いというのはすごく文化程度が高いんだなと思いました。」

というコメントにすべて持っていかれました。

 

タモリオザケン好きです。

 

それではまた。(またすぐ書かなきゃ) 

長いブログ

ずいぶんと放置してしまいました。

 

この最近の出来事をつらつらと書いていきます。長いです。

 

いきます。

 

 

 

 

 

宣伝

 

無事1st mini album DREAM IS OVERも世に放たれ、ただいまリリースツアー真っ只中です。

北は福島、南は大阪まで駆けずり回りますのでお近くの方は是非遊びに来てください。

再会や新たな出会い、意味深いツアーにしたいと思っています。

ひとつよしなに。

チケット予約はこちらから承ってます。

Ticket

f:id:yutaokc:20161013011443j:image

 

お香

 

前も書いたと思いますがおれはサンダルウッドの匂いが好きでお香はチャンダンを使ってたんだけど、最近はお墓参りのスタンダード、日本香堂からリリースされてる"毎日香"を焚いてます。

f:id:yutaokc:20161013014845j:image

年に1回、お盆にだけ使ってたんだけど、パッケージをよく見たら主原料に白檀と記載されていたので恐らくドン・キホーテなどで売られているチャンダンよりは純度が高いです。チャンダンは混ぜ物でフェイク。

 

 

 機材

新しいギターと、エフェクターボードを買いました。

出し惜しみしようと思ったけど見せちゃう。

f:id:yutaokc:20161013012139j:image

 リッケンバッカー330

 

 ビートルズをはじめおれの好きなアーティストがことごとく使ってるギター

 

THE BEATLES

f:id:yutaokc:20161013012844j:image

Tame Impala

f:id:yutaokc:20161013012850j:image

峯田和伸

f:id:yutaokc:20161013012857j:image

椎名林檎

f:id:yutaokc:20161013012903j:image

 

他にも奥田民生さん、くるり岸田さん、ACIDMAN大木さん、Bloodthirsty Butchers吉村さん、GOING UNDERGROUND松本さん、挙げだしたらキリがないんだけれども、いつか必ず手に入れたいと思っていたギター。

 

椎名林檎の丸の内サディスティックに出てくる

"リッケン620頂戴、十九万も持ってない御茶ノ水"

の、あのリッケンです。(ちゃんと御茶ノ水でゲット)

 正直、今使ってるギブソンのほうが間違いなく音は良いんだけど、リッケンバッカーは圧倒的に風情があります。

 いまメンテナンス中なんで治ったら気分で使おうと思ってます。

わかる人にだけわかってほしいけど、アンプもVOXだし完璧なんです。

 

マーチ、グッズ、物販

 

呼び方はなんでもいいんだけどおれは昔からマーチと呼んでます。マーチはマーチャンダイズ(商品)の略。

今回ツアーマーチのデザインはおれがやりました。

f:id:yutaokc:20161013015920j:image

尖りすぎ、渋すぎ、いなたすぎ、等、辛辣な意見も散見されますが、

ハッキリ言ってめちゃくちゃ売れるダサいマーチを物販に並べるほうがおれにとっては屈辱です。

背に腹は変えられないけども、ココに関してはギリギリまで粘りたいと思ってます。

ダサいマーチ作り出したら「あぁ、RAPTOR金が必要なんだな」って鼻で笑ってください。

 

 

 

何事にも熱い心は必要だと思います。

熱い人も好きです。

おれも熱さは持ち合わせてるつもりです。

 

ただ、それを表面に出すか出さないかは個人の自由であると信じています。

ときどきお前ももっと熱くなれと押し付けてくる人がいる。やかましい。

 

 

おれは飄々としていたい。

 

 

35年間、月曜から金曜、昼

間違いなくその間に辛い日や悲しい日や苦しい日があったにも関わらず

それを一切表に出さずヘラヘラし続けたタモリにおれは心底憧れるのです。

 

 

すごい速さ

- そのセンチメンタルはいつかおまえの身を滅ぼすのかもしれないよ

                            andymori "すごい速さ"






このところバタバタしてたのが少し落ち着いたので、500ml缶のモルツを飲みながら久しぶりにブログを書いています。

MV、ツアーなどが発表されましたがご覧になられましたでしょうか?


f:id:yutaokc:20160818235138j:image

ぼくたちのぼんやりとしたイメージを必死に汲み取り、しっかり映像化してくれた映像クルーPAN comidoのみなさん、
朝から晩まで爆音を流していたにも関わらず嫌な顔ひとつせず場所を提供して頂いた田上町役場の方々にもう1度盛大な拍手を。

MVの説明欄に歌詞とその和訳が載っているので、そちらも目を通してもらえると幸いです。
かなり意訳を含んでいますが、英詩、日本詩ともに我ながら良く書いたなと思える作品です。
お気づきの方もいらっしゃると思いますが歌詞中のコベインとはカート・コバーンのコバーンを英語で発音したものです。スペルはCobainなので、なぜコバーンと読んだのかが逆に不思議ですね。

それと、昨今のラップブームでパンチラインという言葉が市民権を得てきましたが、僕の書く詩に於いては一節一節の言葉尻を捉えるよりも、全体を通して聴いたあとの読後感(聴後感?)をフワッと楽しんで頂けたらな、と思います。
当たり前ですが音楽に乗ってはじめて歌詞なので、是非音を聴きながら楽しんでみてください。

500ml缶を飲み干したので補充してきます。
ラストスパート、良い夏を。

f:id:yutaokc:20160819001510j:image